常盤山部屋

FourTildes, CC BY-SA 4.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

【歴史】

春日野部屋の部屋付き親方である19代千賀ノ浦(元関脇・舛田山)が2004年9月に分家独立し、千賀ノ浦部屋を創設した。
2010年11月場所に舛ノ山(現・舛乃山)が新十両に昇進し、部屋初の関取が誕生した。
2016年4月、19代目が停年を迎えるにあたり、貴乃花部屋の部屋付き親方である15代常盤山(元小結・隆三杉)が19代目と名跡交換を行い、20代千賀ノ浦として部屋を継承した。これに伴い、同年4月末を以て出羽海一門を離脱し、貴乃花一門へ転籍した。
2017年11月場所にて隆の勝が新十両に昇進し、20代目の部屋継承後初の関取が誕生した。
貴乃花一門の解散に伴い2018年9月に二所ノ関一門に合流した。また、10月1日には師匠・貴乃花(第65代横綱・一代年寄)の退職に伴い閉鎖となった貴乃花部屋の力士・床山・世話人計10名を受け入れた。
2018年11月場所では貴乃花部屋より移籍した貴景勝が初優勝を果たし、部屋に初の幕内最高優勝をもたらした。翌2019年5月場所では大関昇進を果たしている。
2020年11場所後に20代千賀ノ浦(隆三杉)と16代常盤山(舛田山)が再び名跡交換し、「常盤山部屋」に名称変更した。
2021年2月、部屋施設を東京都板橋区前野町に移転した。

【所在地】

東京都板橋区前野町6-32-3
東武東上線「ときわ台」駅(TJ06)より徒歩15分 または国際興業バス[赤53]赤羽駅西口行きで(所要7分)「前野町六丁目」下車
JR京浜東北線・埼京線・他「赤羽」駅(ABN)西口より国際興業バス[赤53]ときわ台駅行きで(所要15分)「前野町六丁目」下車

【師匠】

常盤山太一(元小結・隆三杉) [委員]

【所属年寄】

千賀ノ浦靖仁(元関脇・舛田山) [参与] ※先代(旧千賀ノ浦部屋)師匠

【主な所属力士】

(※は貴乃花部屋より移籍)
貴景勝光信(大関・兵庫県芦屋市) ※
隆の勝伸明(関脇・千葉県柏市)
舛乃山大晴(前頭4・千葉県印旛郡栄町)
貴源治賢(前頭10・栃木県小山市) ※
貴健斗輝虎(十両11・熊本県八代市) ※

【所属協会員】

(※は貴乃花部屋より移籍)
行司:木村秀朗(幕下格)
呼出:広(序ノ口)
床山:床勝(一等)※、床千(三等)
世話人:栃の山博士(元幕下2)、嵐望将輔(元幕下13)※

【ウェブサイト】
師匠のご挨拶『どの子も我が子』と書いてから二年の時が過ぎました。今一緒にこの「相撲道」を必死に上り続ける弟子たち、別の道を一生懸命生き始めた子たち、縁あって私の元にきた弟子たちが力強く生きて幸せになってくれることが変わらない私の願いです。前
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする