片男波部屋

kataonami

【歴史】

二所ノ関部屋の部屋付き親方である12代片男波(元関脇・玉乃海)が1961年5月に二所ノ関部屋から分家独立し、片男波部屋を創設した。 12代目は玉の海(玉乃島)を横綱に育て上げたほか、関脇・玉ノ富士や小結・玉輝山らを育て上げたが、停年直前の1987年9月に急逝。11代湊川(玉ノ富士)が13代片男波として部屋を継承。13代目は関脇・玉春日、関脇・玉乃島(玉の洋)などを育てあげた。 2010年2月に15代楯山(玉春日)が13代目と名跡交換を行い、14代片男波を襲名して部屋を継承し、現在に至る。

【所在地】

東京都墨田区石原1-33-9
JR総武線「両国」駅(JB21)より徒歩15分

【師匠】

片男波良二(元関脇・玉春日) [審判委員]

【所属年寄】

楯山大造(元関脇・玉ノ富士) [参与]
荒磯大輔(元前頭9・玉飛鳥) [年寄]

【主な所属力士】

玉鷲一朗(関脇・モンゴル・ウランバートル市) [東関脇]

【所属協会員】

床山:床真(三等)

【ウェブサイト】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする