大嶽部屋

ootake

【歴史】

1971年5月場所中に引退した元横綱・大鵬は一代年寄・大鵬を襲名し、同年12月に二所ノ関部屋から分家独立して「大鵬部屋」を創設した。大鵬は関脇・巨砲や幕内・嗣子鵬などを育成した。
大鵬が停年を迎えるにあたり、2004年1月に大鵬の娘婿の16代大嶽(元関脇・貴闘力)が部屋を継承。部屋の名称が「大嶽部屋」に改められた(以後、大嶽部屋では「大鵬道場」と「大嶽部屋」の2つの看板を掲げている)。16代大嶽は大鵬の弟子だったロシア出身の露鵬を小結に育て上げた。
2010年1月、貴乃花親方の理事選立候補に当たり貴乃花らと共に二所ノ関一門を離脱。以後は貴乃花グループ(現・貴乃花一門)の一員として活動することとなった。
しかし、2010年に発覚した大相撲野球賭博問題により16代大嶽が同年7月に解雇処分となったため、部屋付き親方の12代二子山(元十両4・大竜)が17代大嶽を襲名して部屋を継承した。
2013年7月場所に於いて角界初のエジプト人力士である大砂嵐が新十両に昇進。17代大嶽となってから初の関取が誕生している。

【所在地】

東京都江東区清澄2-8-3(エスペランサタイホウ)
都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅(E14・Z11)より徒歩3分

【師匠】

大嶽忠博(元十両4・大竜) [評議員]

【所属年寄】
【主な所属力士】

大砂嵐金嵩郎(前頭1・エジプト・ダカーリヤ県) [東十両11]

【所属協会員】

呼出:志朗(三役)、吾郎(幕内)、貴大(三段目)
床山:床直(三等)
世話人:友鵬勝尊(元幕下1)

【ウェブサイト】
大鵬道場 大嶽部屋や親方・力士・スタッフ、活動の紹介、後援会や入門についてご案内します。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする