阿武松部屋

onomatsu

【歴史】

1990年7月場所限りで引退した元関脇・益荒雄は15代錣山を借り株で襲名して押尾川部屋の部屋付き親方となったが、独立を志して1992年9月に停年を迎えた11代阿武松(元小結・大晃=出羽海部屋)から名跡を買い取り、12代阿武松を襲名。師匠(元大関・大麒麟)に独立を申し出たが、一門外からの名跡取得などの行動を師匠に相談なく行ったことから破門となり、大鵬部屋(現・大嶽部屋)に移籍。1994年10月に大鵬部屋から分家独立して阿武松部屋を創設した。
2001年1月場所において小緑(古市)が新十両に昇進し、部屋初の関取が誕生した。以後、小結・若荒雄、幕内・片山、大道、阿夢露などの関取を輩出している。
2010年の協会理事選挙で二所ノ関一門内の調整外で立候補した貴乃花親方を支持し、貴乃花らと共に二所ノ関一門を離脱。貴乃花グループ→貴乃花一門の部屋として活動している。

【所在地】

千葉県習志野市鷺沼5-15-14
JR総武線(各駅停車)・京成千葉線「幕張本郷」駅(JB34・KS52)より徒歩10分

【師匠】

阿武松広生(元関脇・益荒雄) [委員]

【所属年寄】

不知火匡也(元小結・若荒雄) [主任]
小野川健二(元前頭8・大道) [年寄]

【主な所属力士】

阿武咲奎也(前頭3・青森県北津軽郡中泊町) [東前頭3]
阿夢露光大(前頭5・ロシア・レソザボズク市) [東幕下15]
慶天海孔晴(十両11・鹿児島県大島郡瀬戸内町) [西幕下23]

【所属協会員】

床山:床貴(一等)、床雄(五等)

【ウェブサイト】
阿武松部屋(元関脇・益荒雄師匠)の船出は平成六年三月、阿武若が弟子第一号となり、親方のマンションから始まりました。当然稽古場はなく、大鵬部屋に師弟共にお邪魔しての出稽古でした。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする