湊部屋

By FourTildes (投稿者自身による作品) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

By FourTildes (投稿者自身による作品) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

【歴史】

1981年5月場所限りで現役を引退し、時津風部屋の部屋付き親方となっていた22代湊(元小結・豊山)が、1982年12月に内弟子2人を連れて分家独立し創設。埼玉県に創設された部屋としては戦後初めての相撲部屋である。
22代目は幕内・湊富士を育成するが、輩出した関取はこの湊富士が唯一であった。
22代目の停年を控えた2010年7月27日に、2002年9月場所で引退し、部屋付き親方となっていた16代立田川(湊富士)と名跡を交換し、16代立田川が23代湊として部屋を継承した。翌28日には中国出身の仲の国の新十両が決定している。
2014年5月場所で逸ノ城が新十両に昇進し、23代目の直弟子としては初の関取が誕生。その逸ノ城は同年9月場所で新入幕。翌11月場所で新関脇に昇進し、部屋初の三役力士となった。

【所在地】

埼玉県川口市芝中田2-20-10
JR京浜東北線「蕨」駅(JK41)より徒歩15分

【師匠】

湊孝行(元前頭2・湊富士) [審判委員]

【所属年寄】
【主な所属力士】

逸ノ城駿(関脇・モンゴル・アルハンガイ県) [西前頭4]

【所属協会員】

行司:木村元基(幕内格)
床山:床盛(二等)

【ウェブサイト】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする