春日野部屋

kasugano

【歴史】

1925年5月場所で引退した横綱・栃木山が年寄・8代春日野を襲名すると、師匠の6代出羽海(元小結・両國)から特別に独立を許され、出羽海部屋から分家独立して春日野部屋を創設。横綱・栃錦らを育て上げる。
1959年10月に8代目が死去したのを受けて、栃錦が現役のまま二枚鑑札で9代春日野を襲名して部屋を継承(1960年5月場所で引退し年寄専任となる)、横綱・栃ノ海、大関・栃光ら多くの関取をを育て上げた。
1990年1月に9代目が死去すると、9代中立(元横綱・栃ノ海)が10代春日野として部屋を継承、関脇・栃乃洋や小結・栃乃花らを育て上げた。
10代目の停年退職を1ヶ月後に控えた2003年2月に17代竹縄(元関脇・栃乃和歌)が11代春日野を襲名し、現在に至る。
2012年2月に師匠(元前頭1・久島海)の急逝により閉鎖となった田子ノ浦部屋から幕内・碧山を含む力士3名が移籍し、2013年10月には師匠(元大関・増位山)の停年により閉鎖となった三保ヶ関部屋の力士6人、年寄、行司など計12人が移籍した。
春日野部屋の力士には、創設者の栃木山に因んで四股名に「栃」の字が付けられた力士が多い。

【所在地】

東京都墨田区両国1-7-11
JR総武線「両国」駅(JB21)より徒歩7分

【師匠】

春日野清隆(元関脇・栃乃和歌) [理事]

【所属年寄】

富士ヶ根全陽(元小結・大善) [委員]
二十山仁(元小結・栃乃花) [委員]
竹縄泰一(元関脇・栃乃洋) [審判委員]
三保ヶ関篤志(元前頭1・栃栄) [委員]
岩友守(元前頭7・木村山) [主任]
待乳山孝晴(元小結・播竜山) [参与]

【主な所属力士】

栃煌山雄一郎(関脇・高知県安芸市) [西前頭5]
碧山亘右(関脇・ブルガリア・ヤンボル州) [東前頭8] ※田子ノ浦部屋より移籍
栃ノ心剛史(関脇・ジョージア・ムツヘタ) [東前頭2]
栃飛龍幸也(十両7・静岡県三島市) [西幕下6]

【所属協会員】

行司:15代木村庄太郎(三役格)、木村秋治郎(幕内格)、5代木村善之輔(十両格)
呼出:拓郎(立呼出)、次郎(三役)
床山:床松(特等)、床匠(五等)
若者頭:栃乃藤達之(元前頭11)
世話人:栃玄王泰幸(元幕下26)、虎伏山義幸(元幕下2)

【ウェブサイト】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする