鳴戸部屋

【歴史】

2014年3月場所限りで引退したブルガリア出身の元大関・琴欧洲は年寄・琴欧洲(大関3年特権による一代年寄)を経て15代鳴戸を襲名し、佐渡ヶ嶽部屋の部屋付き親方となっていたが、2017年4月1日に内弟子2名を連れて独立して鳴戸部屋を創設した。外国出身の師匠は東関(元関脇・高見山、2009年6月停年退職)、武蔵川(第67代横綱・武蔵丸)に次いで3人目だが、欧州出身の師匠は初めてである。

【所在地】

東京都墨田区横川2-14-7
都営浅草線・京成押上線・東京メトロ半蔵門線・東武スカイツリーライン「押上(スカイツリー前)」駅(A20・KS45・Z14・TS03)より徒歩9分

【師匠】

鳴戸勝紀(元大関・琴欧洲) [委員]

【所属年寄】
【主な所属力士】
【所属協会員】
【ウェブサイト】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする