井筒部屋

izutsu

【歴史】

1896年1月場所限りで引退した横綱・西ノ海(初代)が7代井筒を襲名し、高砂部屋から分家独立して井筒部屋を創設した。7代目は駒ヶ岳・大江山の2大関、関脇・錦洋(後の横綱・2代西ノ海)、逆鉾らを育て上げたが、1908年11月に死去。錦洋が8代井筒を二枚鑑札で襲名して継承した。
8代目は1916年2月に横綱昇進後、1918年5月に引退し年寄専任となり、横綱・西ノ海(3代)、大関・豊國、関脇・錦洋(2代)、逆鉾らを育てるが、1931年1月に急逝。幕内・星甲が同年3月場所限りで引退して9代井筒として部屋を継承した。
9代目は幕内・鶴ヶ嶺、小松山などを育て上げるが、1944年9月に急逝。部屋は閉鎖となり、弟子たちは双葉山道場(現・時津風部屋)に移籍した。
1947年6月場所限りで引退した鶴ヶ嶺が10代井筒を襲名し、時津風部屋から分家独立して井筒部屋を再興。関脇・鶴ヶ嶺や幕内・星甲らを育てるが、1972年3月に急逝。共に部屋付き親方である5代陸奥(星甲)と8代君ヶ濱(鶴ヶ嶺)との間で後継者争いが繰り広げられた挙句、陸奥が11代井筒として部屋を継承。君ヶ濱は独立して「君ヶ濱部屋」を創設する。しかし11代目は1974年4月に井筒の名跡を10代目未亡人に返上し、7代陸奥を再襲名して部屋名を「陸奥部屋」に改めた。
その後井筒の名跡は九重部屋の横綱・北の富士が取得。1974年7月場所限りで引退して12代井筒を襲名後すぐに九重部屋から分家独立して井筒部屋(高砂一門)を創設するが、1977年10月に11代九重(元横綱・千代の山)が急逝。12代井筒が12代九重に名跡変更して九重部屋を継承しため、井筒部屋は九重部屋に事実上吸収合併される形となった。
1977年12月に8代君ヶ濱は12代九重の持つ井筒の名跡を君ヶ濱との交換で取得。13代井筒を襲名して「君ヶ濱部屋」を「井筒部屋」に改称し、時津風一門での井筒部屋が復活した。13代目は大関・霧島や、共に実子である逆鉾・寺尾の両関脇などを育成した。
1994年4月に13代目が停年を迎えたため、次男である18代春日山(逆鉾)が14代井筒として部屋を継承した。2012年5月には鶴竜が大関に昇進。2014年5月場所で横綱昇進を果たした。

【所在地】

東京都墨田区両国2-2-7
JR総武線「両国」駅(JB21)より徒歩8分

【師匠】

井筒好昭(元関脇・逆鉾) [委員]

【所属年寄】
【主な所属力士】

鶴竜力三郎(第71代横綱・モンゴル・ウランバートル市) [西横綱]

【所属協会員】

床山:床鶴(一等)

【ウェブサイト】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする